ろ材で選ぶ|浄水器を買って美味しくて健康的な水を飲む|ウォーターマニア
レディ

浄水器を買って美味しくて健康的な水を飲む|ウォーターマニア

ろ材で選ぶ

水を飲む人

浄水器の内部には水をろ過するろ材というものがあり、浄水器によって使われているろ材の種類が違います。それぞれのろ材の種類によって性能が異なりますので、ろ材で浄水器を選ぶのも良いでしょう。リーズナブルな価格の浄水器によく使われているろ材として挙げられるのが、活性炭です。活性炭がごく小さい穴が無数に開いている炭素物質で、カルキや塩素などを吸着して取り除くという効果があります。また、細菌なども活性炭に吸着させるので除菌の効果も期待することが出来、安全に水を飲めるようになります。活性炭に吸着した細菌が繁殖を起こすこともありますので、抗菌効果のある銀などの抗菌処理を行っている活性炭のろ材を使いましょう。
近年多くの浄水器に用いられ、主流となっているのが活性炭と中空糸膜の二つのろ材を使っているものです。中空糸膜とはミクロン単位の非常に小さな穴が無数に空いている化学繊維のことで、この中空糸膜と活性炭素を組み合させることでより除去能力を高めています。より効果が高いものを求めているのであれば、仕様書に書かれている最小口径をチェックするようにしましょう。最小口径が小さければ小さいほど有害物質を通しにくいので、より高い性能を誇っています。その他にも水分子しか通さない逆浸透膜などをろ材に使っているものもあり、そのようなものだと水しか通さなくなるので除去能力が高いです。しかし、体にとって嬉しい効果のあるミネラル分まで除去してしまいますので、それぞれのメリットやデメリットを踏まえた上で決めましょう。